デザイナーのなり方

【初心者必見】Webデザイナー向けポートフォリオ(作品集)の作り方

【ポートフォリオ無料テンプレ配布】Webデザイン初心者に解説

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです!

突然ですが、Webデザイナーにポートフォリオは必須です。

ポートフォリオとは、実力レベルや過去の実績をアピールする作品集のことですね。

 

就職や転職、フリーランス、バイトいずれの形態で働く場合でも必ず準備しておかなければなりません。

この人はどんなものが作れるのか?」こそ、面接官や仕事の依頼者がいちばんに知りたいことだからです。

 

好印象・高評価がもらえるポートフォリオには作り方にコツがあるので、ぜひ当記事をお役立てください。

どんなポートフォリオが適切なのか?

ポートフォリオには決まった形はないですが、押さえておくべきポイントはあります。

実際に作り始める前に、まずは以下3つの観点から大切なポイントを解説します。

  • ポートフォリオに載せる内容
  • ページ数と作品の種類
  • 紙かWebか

 

ポートフォリオに載せる内容

大まかに分けて「自己紹介、作品、作品の説明」の3つを載せます。

こちらを参考にしてください。

自己紹介

  • 名前
  • 生年月日
  • 顔写真
  • 経歴
  • 何が作れるのか?
  • 使用可能なツール
  • 自己PR
  • Web上のポートフォリオへのURLリンク
  • 連絡先

 

作品に関して

  • 作品の画像
  • タイトル
  • 作品の概要(いつ、何のきっかけで作ったのか?)
  • 作品の注目ポイント(何を意識して作ったのか?)
  • 作品の成果(コンペで採用されたなど)

ページ数と作品の種類

ページは表紙や裏を入れて合計6〜10ページがちょうどいいですね。

イメージがわかない方は、当ブログで無料配布しているテンプレをご覧ください。

【PDF版のサンプル】

テンプレ1(クリーム色)

 

載せる作品のクオリティが低い、作品数が少なすぎるとなると印象が良くありません。

バナーやヘッダーは比較的簡単に作れますので、渾身のものを用意してポートフォリオに追加しましょう。

 

「どの作品を載せるべきか?」という問題ですが、WEBデザイナーとしての仕事に応募する場合であれば、以下はあった方がいいですね。

  • バナーやヘッダーなどのWeb画像
  • ホームページ
  • (可能なら)ランディングページ

紙かWebか?

私は紙に印刷することを前提に作った方がいいと思います。

例えばWEB上でポートフォリオが作れるサービスを使う場合でも「紙への印刷がスムーズにできるか?」という観点でサービスを選ぶことが大切です。

 

というのも、面接に持参して見てもらう時には紙に印刷したものの方が見やすいからです。

パソコンを持参する手もありますが、画面が小さかったり、機材トラブルが起こったりする可能性もあるので、紙の方が安心ですね。

 

これは非常に大切なことですが、面接時にポートフォリオ持参の記載がなかったとしても、必ず持っていくようにしましょう。

なぜならポートフォリオは、選考の際にもっとも重視される判断材料の一つだからです。

 

面接前にメール添付で先方にポートフォリオを送る機会があったり、そもそもオンラインでの応募だったりする場合は、

  • 「PDF化したポートフォリオ」
  • 「Web上で作ったポートフォリオへのURLリンク」

を提出するといいと思います。

WEBデザイナー用ポートフォリオの作り方

ここからは具体的にポートフォリオの作り方を解説していきます。

2つの方法があるので、ぜひ参考にしてください。

  • Photoshopを使い自分で作成する
  • ポートフォリオ作成サービスを使う

 

作り方1:Photoshopを使い自分で作成する

Photoshopを使えば、自分で1からポートフォリオを作ることができます。

Photoshopを使う練習にもなるため、初心者デザイナーさんにおすすめの方法です。

またデザインを自由に決められるのもメリットの一つですね。

 

とはいっても作った経験がない方にとっては、作り方がサッパリ分からないと思います。

当ブログでは初心者デザイナーさん向け「無料のポートフォリオテンプレート」を配布しています。

詳しくは以下をご覧ください。

【無料配布】Webデザイナー用ポートフォリオのレートと使い方
【特別に無料配布】Webデザイナー用ポートフォリオのテンプレートと使い方

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです! 今回は駆け出しWEBデザイナーさん向けに『ポートフォリオの無料テンプレ』を配布いたします。 面接で好印象、高評価がもらえるポートフォリオになっているので、気 ...

続きを見る

 

作り方2:ポートフォリオ作成サービスを使う

オンライン上でポートフォリオを作れるサービスがあります。

Webデザイン ポートフォリオ 作成」と検索してみましょう。

有名なサービス

  • Portfoliobox:ポートフォリオに特化した専門サービス
  • Wix:ユーザー数が世界最大級、デザインが豊富
  • ペライチ:シンプルなポートフォリオを作りたい人向け

 

前述した「Photoshopで作る」方法は、静止画となってしまうのがデメリットです。

動きのあるサイトなどをポートフォリオに入れたい場合は、ぜひオンラインのサービスを活用してみてください。

 

ポートフォリオを作成する際の注意点

ポートフォリオのメインはあなたが作った制作物ですので、ポートフォリオ自体を凝ったデザインにしないよう注意が必要です。

  • 文字が読めない(小さい、読みづらいフォント)
  • 英語を多用する
  • ガチャガチャしたデザインのせいで制作物自体が目立たない

 

このようなポートフォリオでは、残念ながら高評価をもらえません。

例えば前述したポートフォリオ作成サービスの中には、おしゃれ重視で作られたデザインも多いです。

そういったテンプレを使えばカッコいいものは出来上がりますが、それが必ずしも「あなたの作品のよさが伝わるデザインになっている」とは限りません。

ポートフォリオを作る際には「作品の良さをもっとも際立たせることができる」デザインを心がけて作りましょう。

 

合わせて読みたい

【無料配布】Webデザイナー用ポートフォリオのレートと使い方
【特別に無料配布】Webデザイナー用ポートフォリオのテンプレートと使い方

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです! 今回は駆け出しWEBデザイナーさん向けに『ポートフォリオの無料テンプレ』を配布いたします。 面接で好印象、高評価がもらえるポートフォリオになっているので、気 ...

続きを見る

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5