デザインノウハウ

【Twitterのヘッダー(カバー画像)】作り方のコツと注意点

Twitter(ツイッター)ヘッダー画像の作り方。無料でプロ級画像を作ろう

こんにちは、Webデザイナーのあおいです!

今回は「Twitterのヘッダー画像の作り方」を初心者向けにご紹介します。

本記事で紹介する作り方のポイント

  • 無料アプリで作れる!
  • デザインセンスがなくても、高品質な画像に仕上がる!
  • スマホもOK!簡単にサクッと作成可能!

Twitterのヘッダーサイズと作る上での注意点

Twitterのヘッダー画像は、プロフィールにあるアイコン画像の後ろの背景のことです。

作る際の注意点は3つあります。

  • サイズ
  • 切れる、隠れる部分の調整
  • デザイン(雰囲気やインパクト)

 

Twitterのヘッダー画像の推奨サイズは「1500(横)×500(縦)px(ピクセル)」です。

また実際に画像を設定した時に、「切れる部分」と「隠れる部分」が出てくるため、そちらを考慮して作る必要があります。

  • 切れる部分:閲覧する端末(スマホやパソコン)によって上下左右で切れる部分がある。
  • 隠れる部分:以下の画像↓のようにアイコンで隠れる部分が出てくる。

 

テスト用のヘッダーを実際に設定してみて、微調整しながら完成に近づけていくのが良いですね。

 

Twitterのヘッダーは無料アプリCanvaで作成

ヘッダーを始めとするWEB用画像は「Canva」というデザイン作成サービスを使うのがおすすめです。

文字や写真を入れ替えるだけで、簡単に高品質な画像を作れるテンプレートがたくさん用意されているからです。

 

そこで今回は、Canvaを使ったヘッダー作り(パソコン版)を手順に沿って解説していきます。

※Canvaはスマホ用アプリもあるので、スマホのみでサクッと作ることもできます。

Canva-インスタストーリー,SNS投稿画像のデザイン作成

Canva-インスタストーリー,SNS投稿画像のデザイン作成

Canva無料posted withアプリーチ

 

 

「Canva」のアカウントがない方は、まずは登録から始めましょう。

メールアドレス、またはGoogleかFacebookのアカウントを利用して登録可能です。

Canvaの公式ページはこちら

 

登録が完了したら、以下の手順で作成していきます。

始めに「サイズ設定」です。

画面右上「デザインを作成」→「カスタムサイズ」をクリック。

 

Twitterのヘッダー推奨サイズである「1500(横)×500(縦)px(ピクセル)」に設定します。

すると作業画面が立ち上がるので、画面左に出てくる「テンプレート」から好きなものを選んでください。

好みのものがない場合は、検索窓にキーワードを入力してみるといいですよ(例:黄色、シンプル)

 

 

作業画面の見方と使い方

画面左ではテンプレの選択、素材や画像の追加ができます。

 

Canvaには無料(有料もあり)で使える素材・写真が用意されているので、とっても便利!

検索した際に「王冠マーク(プロ)」とあるのは、有料版の方のみが使えるものです。

自前で用意した写真や素材を使いたい時は「アップロード」から取り込むことができます。

 

画面上では、作業画面に追加した素材やテキストを編集することができます。

 

編集したいテキストや素材をクリックした状態で、好きな編集方法を選んでください。

 

そして画像が完成したら、画面右上「ダウンロード」から保存することができます。

ファイルの形式(ヘッダーは PNGかJPGを推奨)を選ぶだけでOKです。

かっこいいTwitterヘッダー画像を作るコツ

もしあなたがビジネスとしてTwitterを利用するなら、ヘッダー画像にはこだわりましょう。

Twitterをパッとみた時の印象は、ヘッダー画像とアイコンで決まるからです。

 

私が非常に大事だと思うのは「キャッチフレーズ」と「コンセプトにあったデザイン」の2つ。

ユーザーがプロフィール画面を訪問した時に、一瞬であなたの雰囲気を感じられるようなヘッダーが作れるといいですね。

 

今述べたポイントを押さえるには、以下どちらかの方法で作ると失敗しません。

  1. Canvaで作るなら、テンプレに忠実に作る
  2. 参考にしたいヘッダーを見つけて、それを真似る

 

どちらにも言えるのは、決して自己流でデザインをしないということ。

デザイン初心者が1から頭の中で作っていくと、独創的なマイワールド画像ができてしまうからです。

テンプレまたは参考にしたいヘッダーに忠実に色や雰囲気を真似て作っていくことが大切です。

 

参考にできそうなヘッダーは実際にTwitterで探すか、Pinterestのようなデザインまとめサイトで検索すると良いと思います!

画像に使用する写真や素材も、できるだけクオリティが高いものを使いましょう。

こちらもぜひ活用してください↓

無料で使えるオススメ素材サイト一覧

・ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/

・花イラスト素材
http://hanafree.seesaa.net/

・フード・フォト
http://food.foto.ne.jp/

・freepik
https://www.freepik.com/home

・オーダン

https://o-dan.net/ja/

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5