デザイナーのなり方

【テックアカデミーWebデザインコースの感想】2ヶ月受講した結果と現在の私

テックアカデミーWebデザインコースの評判。2ヶ月受講した結果と今

オンラインプログラミングスクールの「TechAcademy [テックアカデミー]」。

私は2018年の夏にその「Webデザインコース」を受講した経験があります。

今回はそちらの嘘偽りのないレビューをしていきたいと思います。

 

ただあくまで「私の経験」と「主観」を元に述べていくので、スクールを検討している方は一つの参考意見としてとらえていただければ幸いです。

テックアカデミーのWebデザインコースを選んだ理由

「手に職をつけたい」と思いたち、当時頭に浮かんだのが「Webデザイン」でした。

田舎に住んでいたため「オンラインで受講できるスクールがいい」と考え、ネットで探した中から6件のスクールで受講体験をしました。

 

その中からテックアカデミーを選んだ理由は主に4つあります。

  • 未経験から学べる
  • 実践的なことが学べる
  • 挫折しないメンターサポートがある
  • 講師はみんな現役デザイナー

 

当時の私はプログラミングやデザインを学んだ経験がまったくなかったので、挫折しないサポートがあることが特に魅力的でした。

2ヶ月受講した結果と今

結論から先に述べます。

私は8週間のWebデザインコースを受講しましたが、その後Webデザイナーにはなれませんでした。

受講期間の終了までにコースの課題を完結できず、卒業後はしばらくパソコンからも遠ざかっていました。

 

そしてその半年後に別のオンラインスクールでWebデザインを学び、多少なりとも仕事を獲得できるようになりました。

2つのスクールの比較も踏まえて「私がテックアカデミーで失敗してしまった原因」を解説していきたと思います。

テックアカデミーのWebデザインコースで学んだこと

Webデザインコースでは、以下のスキルを学べます。

  • Webデザインの原則
  • 画像の加工ができる「Photoshop」
  • CSSの拡張言語「Sass」
  • ワイヤーフレームソフト「Cacco」
  • HTML5・CSSjQuery

 

8週間のコースで、料金は17万円ほどでした。

記憶がうる覚えなので申し訳ないですが、公式ページを確認すると現在は「8週間コース、社会人:209,000円」となっています。

ここ数年で値上げがあったか、もしくは当時割引を利用した可能性があります。

 

そしてWebデザインコースの講座は、文章をもとに進める形式になっています。

各パートの解説を読み進めながら知識をつけていき、課題に取り組みます。

 

週に2回メンターと面談をする時間があり、私は金曜の夜に毎回同じ男性のメンターとビデオチャットをしていました。

講座や課題で出てきた疑問は、この時に質問ができます。

それに加え、平日15〜23時はチャットを通じてプログラマーに質問もできました。

私はなぜテックアカデミーで失敗したのか

私にとっては、学ぶことがありすぎたのが失敗の原因です。

正直に言えば、何が何だか分からないうちに8週間が過ぎていきました(笑)

 

PhotoshopやHTML5・CSS、Sass、Cacco、jQueryなど未経験から2ヶ月で全てを習得するのは相当ハードです。

いってしまえばすべてが広く、浅くです。

いろんなツールを学ぶことができても、そのすべてが触りだけの内容なら実務で使えるスキルは身につきません。

もし私がすでにPhotoshopやHTML5・CSSをがじったことがあったなら、結果が違ったのかもしれません。

 

これを踏まえて私がお伝えしたいのは、「まったくの未経験からこのコースでスキルを身につけたいなら相当な時間と努力を費やす覚悟が必要だ」ということ。

学んだスキルを受講後に自分でレベルアップさせていける力があって初めて、受講料が無駄にならずに済みます。

 

私が学んだ2つ目のスクールは、Photoshopでのバナー制作がメインでした。

これをみっちり学べたことで、受講後にクラウドソーシングで仕事を受注し、少額ではありましたが稼ぐことができました。

他のスキルは学べませんでしたが、1つことを1から10まできちんと学ぶことの大切さを実感しました。

テックアカデミーのWebデザインコースで学ぶ際の注意点

テックアカデミーのいい評判は、ネットを検索すればたくさん出てきます。

ここでは逆に「1、受講中に感じたデメリット」「2、疑問点」などを正直に述べたいと思います。

解決策も合わせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

その1:コーディングについて

未経験からHTML・CSSを習得するのは、根気と時間が必要です。

元々興味がある、もしくは本気で身につけたいと思っている人以外は挫折する人が多いでしょう。

未経験から始めた私には難しすぎたため受講中に嫌気がさし、ほぼコピペで講座を進めていきました...。

 

コーディングは講座の中盤に出てきますが、そこの課題を乗り越えられず挫折する人は少なくありません。

私がメンターに相談した時には「ここでつまずいて音信不通になる受講者はたくさんいるよ、アオイさんは頑張ってるね」と言われてしまいました...。

 

未経験から受講を考えている方に伝えたいことがあります。

まずは「Progate 」でプログラミングの適性を判断してから受講しましょう。

これは無料でプログラミング基礎を学べる有名なサービスです。

最低でもこちらのHTML・CSS編を一通り終わらせてからスクールを受講した方が安心だと思います。

その2:メンターについて

受講中は週に2回、メンターと面談をする時間がありました。

私のメンターは「疑問点に答える」「課題のヒントをくれる」といった対応のみだったため、少し物足りなさを感じました。

 

メンターをうまく使えるかどうかは、受講者の質問力にかかってます。

私の場合は以下を積極的に聞き出せていたら、もっと有意義だったなと思いました。

  • ツールをうまく学ぶコツ
  • 働き方(転職?バイト?フリーランス?)別の必須スキル
  • 受講後にどう独り立ちするか

その3:チャットの質問について

平日の15〜23時はチャットを通じて、プログラマーの方に質問をすることができます。

主にHTML・CSSなどのコーディングに関する質問ですね。

 

私はまったくの初心者だったため、最初は初歩的な質問ばかりしていました。

返ってきた回答に書いてあることも理解できないことが多く、何度も検索と質問を繰り返していましたね。

 

回答してくれるエンジニアの中には、当たり前のように専門用語を使う方が少なくありません。

それに対して他の方がフォローに入って回答を修正したり、ググって解決するよう言われることもありました。

 

彼らはエンジニアとしてのプロであっても、教えることのプロではない方が多いのだと思います。

相手の回答が理解できないと自分を責めたり、質問することが怖くなったりします。

そんな時はメンターに相談すること(私のメンターは優しかった)と、臆せず質問し続けることの2つが大切ですね。

失敗しないスクール選びのコツ

私がWebデザインの仕事をスタートできたのは2つ目のスクールのおかげだと言えます。

これは事実です。

しかし、そのスクールで一緒に学んでいた仲間の中には、途中で挫折してしまう人もいました。

1つ目のスクールの時の私と同じように、です。

 

つまり何が言いたいのかというと、全ての人を成功に導けるスクールは、存在しないということです。

大事なのは、あなたの学ぶ姿勢です。

 

私は正直、テックアカデミーを受講したことをずっと後悔していました。

うまくいった人の体験談を見て、羨ましさや自分に対するみじめさを感じることもありました。

しかし今振り返って思うのは、自分の知識と努力が足りなかったことが最大の原因だということです。

 

当時は「早く学びたい、手に職をつけたい」とハヤる気持ちでスクールを探していました。

「短期でたくさんのスキルが学べる、受講料が安いスクール」を探して受講した結果が、今回述べた通りです。

 

「スクールを受講さえすれば、スキルが身に付いて仕事が獲得できる」という考えも甘すぎました。

そんな単純なわけがありません。

成功する人は、受講期間中も卒業後もずっと地道に努力しています。

テキストの質が悪いとか、講師の教え方が悪いとか文句を言ったりもしません。

 

学ぶ上での責任はいつも自分にあると考えて行動します。

このことに気づけたことで、私は2つ目のスクールの受講料を無駄にせずに済んだのだと思います。

まとめ:いろんな人の受講体験を参考にしよう

今回解説した内容は、あくまで私の経験談でしかありません。

同じコースを受講した方の中には、転職やフリーランスの夢を叶えた人もいます。

スクール選びにおいては、いろんな人の体験談を参考にしましょう。

 

述べてきたように、万人を成功に導くスクールなど存在しません。

どんなに優れたスクールでも一定数の脱落者が出るのは当たり前です。

 

今回はデメリットを語る内容が多くなりましたが、私はテックアカデミーがダメだと言っているのではありません。

「自分の今のレベルに適したスクールか?」「他と比較してベターな選択肢なのか?」入念な下調べと学ぶ心構えを準備した上で、チャレンジしてみるのがいいでしょう!

TechAcademy を見てみる

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5