デザインノウハウ

【Pixirエディター】Photoshopの代替ソフトの使い方とデメリット

Photoshopの代替ソフトPixirエディターの使い方とデメリット

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです!

今回はPhotoshop(フォトショップ)の代替ソフト「Pixlr Editor(ピクセラエディター)」を解説します。

  • Photoshopと同じ機能がほぼそろってる
  • 無料で使える上、面倒な登録も一切なし!
  • 簡単なバナーやサムネ画像なら、誰でもすぐ作れちゃう!

 

例えば、このようなバナーがサクッと作れます。

 

では、さっそく使い方を解説していきます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

ーーーーーーーーーーーーー

補足

類似のソフトに「Photopea(フォトピー)」がありますが、こちらの方が性能は上だと感じます。

Photoshop代替ソフトPhotopea(フォトピー)が最強!使い方を解説
【Photopea(フォトピー)最強!】Photoshop代替ソフトの使い方を解説

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです! 今回はPhotoshop(フォトショップ)の代替ソフト「Photopea(フォトピー)」を解説します。   Photoshopに似た画像編集ソフト ...

続きを見る

ーーーーーーーーーーーーーー

 

ピクセラエディターを利用する上で、会員登録は必要ありません。

ソフトのインストールもいらず、操作はすべてインターネット上でおこなっていきます。

作成した画像は自分のパソコンに保存できますので、安心してください。

 

Pixlr Editor(ピクセラエディター)はこちら

リンクに飛んだら、下の方にスクロールしていきます。

 

以下の表示が出たところで、2つのソフトのどちらかを選択します。

 

Photoshopをまったく使ったことがない方は、まず左「簡単フォトエディター」から始めましょう。

画像編集の経験がある方は、右「プロ向け〜」から始めた方が多くの編集機能を使えます。

 

いずれにせよ自由にソフトを切り替えて利用できるので、まずは使ってみたい方を選んでもいいですね。

表示されている言語を変更したい方は、画面右地球儀のマークにて変更できます。

 

画像を作成する際には、テンプレートを利用することもできます。

1から作る場合は「新規作成」にて希望のサイズを入力してください。

Pixlrエディターの画面の見方と編集方法

Pixlrエディターの画面の構成やツールの使い方は、Photoshopとほぼ同じです。

画面の左側にツールバーがあり、右側にレイヤーがあります。

びっくりするくらい似ていますので、Photoshopの利用経験がある方は間違いなくすぐ使えます。

 

使い方がPhotoshopと異なる機能

Photoshopと使い方が違い、戸惑う可能性がある機能を解説します。

  1. 文字のグラデーション
  2. 境界線やシャドウ
  3. 色調補正

 

1:文字のグラデーション

一つ目が「文字のグラデーション」です。

Photoshopでは、レイヤーをダブルクリックして出てくる「レイヤースタイル」にて文字のグラデーション加工をおこなうことが多いですね。

 

一方で、Pixlrエディターでは以下の操作手順になります。

  • ツールバーから文字ツールをクリックし、文字を入力
  • 文字ツールを選択した状態で、画面上の「塗りつぶし」をクリック
  • その中から「グラデーション」を選択し、色を設定する

 

 

2:境界線やシャドウ

文字や図形などに「境界線やシャドウ」をつけるやり方です。

例えば、長方形の図形を描いてボタン風に仕上げたい時など。

 

  • ツールバーから「図形ツール」を選択
  • 図形を描く
  • 図形ツールを選択した状態で、画面上「スタイル」をクリック
  • スタイルの中にある項目にて加工をおこなう

 

3:色調補正

最後が「色調補正」です。

例えば写真をもっと鮮やかにしたい、画像の色味を変えたいといった時に使います。

 

対象の文字や画像をクリックした状態で、画面上「調整」をクリックします。

この中に色調補正できる項目があるので、そちらで操作をおこないましょう。

 

Pixlrエディターの3つのデメリット

Photoshopと同様に高品質な画像を作れる一方で、デメリットもあります。

私が個人的に感じた点を3つシェアします。

  1. 日本語のフォントが用意されてない
  2. 広告が出てくる
  3. ネット環境が必ず必要

 

デメリット1:日本語のフォントが用意されてない

最初の設定では、日本語のフォントがありません。

使いたいフォントがある場合は、ダウンロードして追加するといった手間がかかります。

 

手順はこちら

 

デメリット2:広告が出てくる

無料で使っている以上文句は言えませんが、編集中にたびたび画面下に広告が現れます。

バツを押せば消えますが、時間が経つとまた出てくるため、気になる人は若干イライラするかもしれません。

 

デメリット3:ネット環境が必ず必要

インターネット上で利用するソフトのため、ネットがなければ使えません。

Photoshopがオフラインでも使えることとは対照的ですね。

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5