デザインノウハウ

【Photopea(フォトピー)最強!】Photoshop代替ソフトの使い方を解説

Photoshop代替ソフトPhotopea(フォトピー)が最強!使い方を解説

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです!

今回はPhotoshop(フォトショップ)の代替ソフト「Photopea(フォトピー)」を解説します。

 

Photoshopに似た画像編集ソフトはたくさんありますが、その中でもPhotopeaは最も機能が充実していると思います。

  • Photoshopと画面操作、機能がそっくり
  • 無料で使える上、面倒な登録も一切なし!
  • 切り抜きや色調補正もキレイにできる

 

このようなバナーが作れます↓

 

私はPhotoshopの利用経験しかなく、今回初めてPhotopeaを使ったのですが、このバナーは15分ほどで作成しました。

それができた理由は、Photoshopとまったく同じ要領で作れるからです。

 

Photoshopの課金を迷っている方やデザイン初心者の方は、Photopeaを先に使ってみることをオススメします。

ではさっそく使い方を解説していきます。

 

Photopea(フォトピー)の使い方

利用する上で会員登録は必要ありません。

ソフトのインストールもいらず、操作はすべてインターネット上でおこなっていきます。

作成した画像は自分のパソコンに保存できますので、安心してください。

 

Photopea(フォトピー)はこちら

リンクに飛ぶと、すぐに画像編集に入れます。

 

ツール(画面左)やレイヤー(画面右)、オプション(上部)の位置がPhotoshopとまったく同じです。

右側に広告が出てきますが、これは無料ツールなのでしょうがないですね。

 

画像を新規で作るときは、画面左上「ファイル」から「新規」にてサイズを設定して作成しましょう。

画像制作をする前に、基本ツールの使い方を覚える必要があります。

Photoshop利用経験がある方は新たに覚える必要はなく、同じように操作をするだけでオッケーです。

 

Photopeaのデメリット3つを解説

高品質な画像を作れる一方で、デメリットもあります。

私が個人的に感じた点を3つシェアします。

  1. 日本語のフォントが用意されてない
  2. 広告が出てくる
  3. 文字詰めがうまくできない

 

デメリット1:日本語のフォントが用意されてない

最初の設定では、日本語のフォントがありません。

使いたいフォントがある場合は、ダウンロードして追加するといった手間がかかります。

こちらで詳しく解説しています。

Photopea(フォトピー)使い方!日本語フォントを読み込む
【日本語フォントの読み込み法】Photopea(フォトピー)使い方

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです! 私も愛用中のPhotoshopの代替ソフト「Photopea(フォトピー)」。 今回はフォトピーにて「日本語のフォントを読み込む方法」を解説します。 &nb ...

続きを見る

 

デメリット2:広告が出てくる

無料で使っている以上文句は言えませんが、画面の右側に広告が出てきます。

気になる人は若干イライラするかもしれません。

 

デメリット3:文字詰めがうまくできない

Photoshopのように文字と文字の間を詰めることができません。

私の勉強不足かもしれませんが、調べても今だに出てこないため、おそらく現状ではできないのでしょう。

文字詰めは画像制作で非常に重要なポイントなので、改善されたらいいなと思います。

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5