Webデザイン

【PC編】高品質&無料ソフトCanvaを使ったYoutubeサムネイルの作り方

【PC編】高品質&無料ソフトCanvaを使ったYoutubeサムネイルの作り方

この記事では『デザイン作成サービスCanvaを使ったサムネイル画像の作り方』を解説します。

Canvaとは、非デザイナーでも簡単におしゃれなデザインが作れるグラフィックデザイン作成サービスのことです。

 

PC版サムネ制作にCanvaがおすすめな理由
  • 高品質なテンプレートを使えるから、ダサいデザインにならない
  • 登録やテンプレの利用、編集、保存まですべて無料
  • 煩雑なソフトのインストール・更新など一切ナシ

 

ちなみにスマホ版アプリもあるため、PCがない環境で作ることも出来ますよ。

ではさっそく、作り方を解説していきます!

 

\PhotoshopサムネテンプレートもCheck!/

 

Canvaを使ったYoutubeサムネイルの作り方

ステップに沿って解説していきます。

  • ステップ1:会員登録
  • ステップ2:テンプレート一覧を表示
  • ステップ3:テンプレート選び
  • ステップ4:テンプレートを編集
  • ステップ5:最終チェックと保存

 

記事の最後に「サムネ制作のコツと注意点」も載せてあるので、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

 

ステップ1:会員登録

Canvaへのアクセスはこちらから

Canvaへいき「登録」ボタンから新規登録をおこないましょう。

メールアドレスの入力で登録する方法、その他にGoogleやFacebook、Appleのアカウントを利用して登録する方法があります。

 

新規登録が済んだらCanvaにいき「ログイン」してください。

 

ステップ2:テンプレート一覧を表示

Canvaトップ画面の左上「テンプレート」では、用途に合わせてテンプレートが選べるようになっています。

その中から「YouTubeサムネイル」を選択してください。そうすることで、サムネサイズ(1280×720)に設定されたテンプレに絞って一覧が表示されます。

 

真っ白な状態から作りたい場合

テンプレのデザインではなく、1から自分で作っていきたいという場合は、下記の方法でサイズを設定します。

トップ画面右上「デザイン作成」にて「カスタムサイズ」を選んでください。

そこで「1280×720」と打ち込めば、サイズ調整された白いキャンバスからデザインを始めていくことができます。

 

ステップ3:テンプレート選び

下記3点を基準に選ぶといいですよ。

  • 素材の有無:サムネに写真を入れたいなら、写真を使用しているテンプレを選ぶ。その逆もまたしかり。
  • 文字量:入れたい文字と同じくらいの文字量が入ったテンプレを探す
  • 色味・雰囲気:動画のテーマに合ったデザインを選ぶ。「サムネを見た時に、どんな印象を持ってほしいか?」を考えながら選ぶ

 

ただし自分が作りたいイメージにピッタリのテンプレートを探すのは困難ですし、テンプレを選んだあとで配置や色を変更することもできます。

※有料テンプレート:右下「¥有料」とあるテンプレは、そのテンプレに使われている有料素材を削除して使えば、テンプレ自体は無料で使うことができます。

 

参考例

今回は試しにノウハウ系のサムネイルを作ってみたいと思います。

  • ターゲット:Photoshop初心者、20〜30代男女
  • 色味・雰囲気:Photoshopカラーである青、水色系。親しみがもてそうな感じ
  • 入れる要素:Photoshopの画面写真、文字(1分でマスターできる!Photoshop「移動ツール」の使い方)

 

▼上記の条件をもとに、こちらのテンプレートを選びました。

 

選んだらクリックして、編集画面に移っていきます。

 

ステップ4:テンプレートを編集

編集方法は下記の流れで解説します。

自分に必要な編集だけを確認してみてください。

  • 文字を入れ替える
  • 写真を入れ替える
  • その他の編集

 

文字を入れ替える

編集したいテキストをダブルクリックし、キーボードで文字を打ち込みます。

新しくテキストを追加したい時は、画面左「Tテキスト」をクリックし、出てきた中から好きな大きさ・フォントの文字をクリックして画面に追加してください。

 

必要ないテキストはキーボード「Delete」で削除してしまっても大丈夫です。

 

入力した文字のフォントやサイズ、色を変更する方法は、こちらの画像をご確認ください(いずれの場合も、編集したいテキストをクリックした状態でおこないます)。

 

写真を入れ替える

写真を入れ替えたい時は、まず入れ替える写真を準備します。

自分で持っている写真や素材サイトでダウンロードしたものを使う場合は、Canvaの編集画面にアップロードすることが可能です。

画面左「アップロード」をクリックし、使いたい写真を読み込んでください。

 

Canvaにある素材を使いたい場合

Canvaには写真やイラスト、その他大量の素材が用意されており、そちらを利用することが出来ます。

画面左「素材」や「写真」をクリックしたら、検索窓で使いたい素材のキーワードを打ち込んで探してください。

※無料プランで使える素材には限りがあります。

 

その他の編集

基本の編集は文字と写真ですので、まずはそちらをマスターしてみてください。

その他、例えば素材を斜めに配置したい場合は、対象となる要素をクリックした時に出る「回転マーク」を動かすことで調整できます。

 

また素材同士の前後を入れ替えたい場合は、画面上「配置」にて変更できます。

 

ステップ5:最終チェックと保存

最後に見え方を確認して保存しましょう。

【チェックポイント】

  • 文字は見やすい?
  • 強調したい箇所が強調できてる?
  • 文字の並びはそろってる?
  • おかしな余白はない?
  • 動画のテーマにデザインは合ってる?

 

編集完了したら、画面右上「ダウンロード」にて画像をパソコンに保存できます。

この時の保存データ形式は「JPG」を選ぶのがいいでしょう。

 

 

▼今回完成した画像はこちら

 

サムネイル制作のコツと注意点

ここからはサムネイルを作る時に覚えておくと良いコツと注意点をお伝えします。

  • 可読性を最重視
  • 雰囲気を合わせる
  • 自分でデザインしない

 

▼こちらの記事後半「クリックしたくなる魅力的なサムネイルを作る8つの重要ポイント」もぜひ参考にしてください。

【YouTubeサムネ作り方徹底解説】おしゃれ画像〜切り抜き動画用まで何でもOK

この記事では初心者向けに『サムネイル画像の作り方』を解説します。 私はWebデザイナーとして、これまで何千枚という数のサムネを作ってきました。そこで培った経験を元に解説していきます。 サムネイル作りの ...

続きを見る

 

1:可読性を最重視

サムネは通常「興味を引く」「クリックしたい」と思ってもらえるデザインである必要があります。

文字がきちんと読める、何の動画か一瞬で理解できるというポイントは非常に大切です。

【ここをチェック】

  • 文字が小さすぎない?
  • 文字量が多すぎない?
  • 文字に強弱はある?
  • 文字の色が背景とかぶってない?
  • 読みづらいフォントじゃない?
  • 変なところで改行してない?

 

2:雰囲気を合わせる

パッと見た瞬間に、サムネの雰囲気だけで動画内容がわかるデザインを心がけましょう。

例えば「いちご狩りがテーマ」なら、赤基調の可愛らしいポップな雰囲気のデザインにする。「男性向けビジネス英語」がテーマなら、信頼できそうな青ベースでシンプルなデザインにするなど。

 

テンプレを選ぶ際についつい自分の好みやカッコいいを優先してしまい、動画のテーマとずれたデザインを選ばないよう注意してください。

 

▼悪い具体例(デザインと内容がマッチしていない)

 

▼いい例(動画のテーマと雰囲気をマッチさせる)

 

3:自分でデザインしない

テンプレは自由に編集できますが、いじり過ぎに注意です。

あれこれいじってしまった結果、独創的なマイワールド画像になる危険性があります。

そうなるとせっかくの高品質なテンプレートが台無しですね...。

【ここを注意しよう】

  • 文字や素材のおおまかな配置は変えない
  • 文字のそろえ方(右揃え・中央揃え・左揃え)も変えない
  • 文字や背景の色、フォントはできるだけテンプレに従う

 

 

▼具体例(こちらが元のテンプレート)

 

▼色を極端に変えてしまったマイワールド画像

 

 

慣れてくると操作も早く、そして作り方の要領もわかってくるので、まずはたくさん作ってみることも大事ですよ。

 

\テンプレートもチェック/

© 2022 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5