デザイナーのなり方

Photoshop(フォトショップ)は難しい?独学できるの?

Photoshop(フォトショップ)は難しい?独学できるの?

こんにちは、Webデザイナーのあおいです!

  • Photoshopを始めたいけど、習得するのは難しそう..
  • 実際やってみたけど、すぐ挫折した..

あなたは、このような悩みを抱えていませんか?

 

Photoshopを学ぶ過程では、初心者がおちいりやすいワナがたくさんあります。

その一方で、学び方のコツさえ知れば、ビックリするくらい短期間で楽しく習得することできます♪

そこで今回は「Photoshopを挫折せずに学ぶコツ」を解説していきます。

Photoshopの勉強は難しい?独学できるの?

私の結論として『Photoshopは、独学でも習得できます』。

その理由と具体的な学び方を、今から解説しますね。

 

そもそもPhotoshopが難しい、習得が難しいと感じる原因は2つあります。

  1. ツールが膨大にある
  2. どのツールを、どの程度覚えたらいいか分からない

 

こういったことで悩まないためには「学ぶコツ」を知る必要があります。

2つのコツ

  1. 初心者は10個のツールだけでいい
  2. バナーを作りながら覚えていく

学ぶコツ1:初心者は10個のツールだけでいい

Photoshopのツール数は膨大にあります。

入門書でイチから全部覚えていたら、いつまで経っても簡単なバナー1つ作れるようになりません。

 

それで私がオススメするのは「まず必須ツールを10個覚えること」です。

移動ツールや長方形ツールなどの頻繁に使うツールが、ここでいう「必須ツール」です。

 

10ツールだけでも、こういったバナーが作れちゃいます。

 

そもそも多くのWebデザイナーは、数あるツールのうちの4〜5割しか使っていません。

Photoshopはイラスト制作にも使われるので、中にはWebデザイン用ではないツールも含まれているのです。

使わない機能を必死に覚えても、「一体それで何が作れるのか?」ゴールが分からず辛くなってしまいます。

 

学ぶコツ2:バナーを作りながら覚えていく

必須ツール10以外は、トレース(模写)の過程で覚えていくのがオススメです。

トレースとは『参考バナーを下敷きにして上から同じように作っていく練習方法』のことです。

重要なトレーニング法であり、初心者デザイナーがこれを繰り返すとスキルが倍速でアップします!

 

例えば、こちらを参考バナーに選んだとします。

 

初心者であれば「ぷっくりしたボタンはどうやって作るんだろう?」と疑問に思うはずです。

その時点で、グーグル検索「フォトショップ ボタン ぷっくり」などと調べます。

そして、ぷっくりボタンが作れるツールや機能を追加で覚えていくのです。

 

「最初からたくさんツールを覚える → 覚えたツールで何かを作る」という順序ではありません。

正しくは「この加工がやりたい → ツールを覚える」の順で使えるツールを増やしていくのです。

これこそが実務で必要なツールだけを効率よく覚える「理想的な学び方」です。

 

Webデザインのバナートレースのやり方と手順。最速でレベルアップするコツ
【最速でレベルアップ】Webデザインのバナートレースやり方と手順

こんにちは、WEBデザイナーのあおいです! 今回は初心者デザイナー向け『バナーのトレース方法』を解説します。   トレースとは「模写」という意味で、参考そっくりにバナー作っていく練習のことで ...

続きを見る

Photoshopの勉強で挫折しないために大切なこと

ここからは、挫折しないために大切なことを解説します。

3つのポイント

  • 検索力を高める
  • 楽しさと根気
  • 習慣化

 

その1:検索力を高める

分からない加工方法やツールの使い方は、ググって検索しましょう。

独学で大切なのは「知らないものにぶち当たった時に検索して解決する力」です。

 

私もそうでしたが、Photoshopの使い方は一度や二度で覚えられるものではありません。

何度も繰り返し「検索 → 覚える → やってみる → 忘れたら再度検索」をすればいいのです。

 

グーグル検索で納得のいく解説がヒットしないなら、他にも方法があります。

  • 検索ワードを変える
  • YahooやBingで検索し直す
  • YouTubeやTwitterで検索してみる

 

私のおすすめは圧倒的に「YouTubeの解説動画」を利用することです。

動画であれば、動きを見て一発で操作手順を理解できますよ!

その2:楽しさと根気

私はPhotoshopを使っている時間が大好きです。

写真を自由に加工できたり、バナーやヘッダーが作れるようになると嬉しいもの。

つまり「Photoshopを楽しもう」という姿勢で学ぶかどうかで、習得スピードが格段に違ってくるのです。

 

もちろん慣れない段階では、1つのツールを覚えるだけでいっぱいいっぱいになる方もいるでしょう。

しかしそんな時でも「いま少しずつ成長してる、もう一踏ん張りしよう!」と前向きに取り組むことで上達していきます。

 

一日30分でもいいので触り続ければ、1週間後にはだいぶ慣れてくるはずです。

少しの根気と楽しむ姿勢を忘れずに学んでいきましょう。

 

その3:習慣化

何かを学ぶ時に一番大切で、かつ難しくもあるのが「継続」です。

Webデザインの独学も、50人いたら3ヶ月後も学び続けているのは、1〜2人といった確率です。

 

誰にでもやる気が出ない日があると思います。

だたしモチベーションが起きるのを待っていたら、いつまでも何も達成できません。

継続できる人が大切にしているのは「習慣化」だといわれます。

  • 寝る前30分と決めたら、何があってもその時間にパソコンを開く
  • 休日の午後にまとめて勉強すると決めたら、カフェに行き強制的にやる環境を作る

 

つまり、やる気に左右されず、習慣的におこなう環境を用意することが大切なんですね。

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5