その他

【ブログって何書くの?】初心者向けおすすめテーマ(題材)と書き方

ブログって何書くの?初心者向けおすすめテーマ(題材)と書き方
  • ブログには、そもそも何を書けばいいの?
  • 稼ぎやすいテーマってあるのかな?

このような悩みを抱えていませんか?

 

これからブログで稼ぎたいと思う方が意識すべきなのは、「読者の悩みや知りたい情報」に焦点を当てて書ける題材を探すことです。

  • 自分の経験や知識を生かせる
  • 学びたい・興味がある

このようなジャンルを選ぶと、失敗しません。

 

今回は「ブログテーマの決め方と書き方」を解説します。

初心者ブロガー向け「ブログテーマ」の決め方

ブログでは、「誰かが読んで役立つ記事」を書く必要があります。

ですので、初心者ブロガーはまず「読者の悩みや知りたい情報」に焦点を当てることを意識しましょう。

 

例えば、子育てをブログの題材(テーマ)に選んだとします。

読者の悩みや知りたい情報に焦点を当てるなら、以下のテーマが考えられます。

  • 3歳児の発達段階の特徴とは?
  • 育児のストレスを解消する3つの方法
  • 野菜嫌いな子供に最適な簡単レシピ

 

テーマとして扱うジャンルは、1つである必要はありません。

ブログのジャンル

  • 通販、健康、美容
  • グルメ、ファッション、旅行
  • 金融、投資、保険
  • 仕事、学び、資格
  • WEBサービス、ゲーム
  • 恋愛、結婚
  • エンタメ、ギフト

 

以下は世の中の需要が多いことに加え、初心者が書きやすいテーマになります。

  • 書籍
  • 副業
  • 恋愛
  • 節約術
  • 子育て・教育
  • 転職・働き方
  • Webスキル(プログラミングなど)

 

あとから変えることもできるので、最初のジャンル決めで深刻に考えすぎないようにしましょう。

 

おすすめしないテーマ

医療や健康といったテーマは、情報の信頼性が非常に重要です。

この分野の記事は、医療機関や専門家の情報が検索上位に表示されるとGoogleが述べています。

 

ですので、絶対にダメではないですが、あえて不利な戦いに挑む必要はないと思います。

さらに、アダルトやドラッグ、お酒、ギャンブルは避けた方が無難です。

Googleアドセンス(広告収入)を利用したい方は、これらの分野では広告を扱えません。

 

テーマが決まらない人必見!自分にあったテーマの決め方

テーマ選びの参考となる考え方を3つ紹介します。

  • 経験・知識を元にできる
  • 学びたい・調べることが楽しい
  • レビュー記事

 

その1:経験・知識を元にできる

あなたは、こんな経験や知識をお持ちではないですか。

  • ダイエットサプリを試した経験
  • 趣味で英会話スクールに通った経験
  • 保育士の経験、子ども対する専門知識
  • 熱弁して語れるほど大好きなアニメ
  • ニート時代があったけど、今は働いている
  • モテた経験がない男だけど、今は結婚している

 

こういった知識・経験は、ブログのテーマとして扱うことができます。

もしかしたら、「こんなもの、本当に知りたい人いるの?」と思う方がいるかもしれません。

 

しかし実は、あなたの何気ない経験や知識でも、誰かにとっては「知りたい・参考になる」情報であることは大いに考えられます。

 

執筆する際には、過去の自分に語りかけるように書くことがポイントです。

  • あの時こんな気持ちだったな
  • こうやっていたら良かったな
  • こんな知識があると役立つよな

当時を思い出しながら、「読者の悩みや知りたい」に答える記事を考えてみましょう。

 

その2:学びたい・調べることが楽しい

もし大した経験や知識がないという方がいれば、以下の軸で考えましょう。

  • これから学んでみたいもの
  • これから知りたいと思っていること
  • 調べることが楽しいと思えること

 

例えば、こんなテーマが考えられます。

  • プログラミングに興味がある人:スクールで実際に学び、その過程を紹介する
  • 結婚したいと思っている人:恋愛本を読んで紹介する、婚活の過程を紹介する
  • 猫が好きな人:猫に関するお役立ち情報を発信する

その3:レビュー記事

ジャンルを絞らない「雑記ブログ」を作ることもできます。

中でもレビュー記事は、初心者にとって書きやすいのでオススメです。

レビュー記事のメリット

  • 実感を元に書けるので、記事の内容に深みが出る
  • 読者の知りたい、に答える記事を書ける
  • 広告クリックまでの流れが不自然にならない

 

これは、自分が購入したことあるがサービス・商品を紹介する記事のことです。

電化製品や書籍、食品、おもちゃ、オンラインスクールなど、なんでもオッケー。

「商品のメリット・デメリット」「なぜ購入したのか?」といったレビューの最後に、商品の広告をペタッと貼っておきましょう。

 

レビュー記事に広告を貼る方法

ステップ3:Amazon商品リンクの貼り方

ブログの書き方。キーワード選定と記事の構成

ここからは、書くステップの話になります。

執筆前には必ず、2つのことをやりましょう。

  • キーワード選定
  • 記事の構成を考える

 

その1:キーワード選定

キーワードツールを使い、簡単なキーワード選定します。

例えば「ダイエット」をテーマに記事を書くとします。

 

「ダイエット」で検索をかけると、そこから派生される検索ワードが、一覧として出てきます。

好きなキーワードを選んだら、そのキーワードで再度検索します。

 

今回は仮に、「ダイエット 食事」で再検索しました。

 

すると、より細かいキーワードが表示されます(※左上「サジェスト」には、検索数が多いもの順に表示)

 

この中から好きなものを選び、そのキーワードに合致した内容の記事を書く流れとなります。

具体例

  • 「ダイエット 食事 男」:男性におすすめの健康的なメニューを紹介
  • 「ダイエット 食事 コンビニ」:コンビニで買える糖質OFFメニューを紹介

 

その2:記事の構成を考える

記事の構成を決めてから書き始めると、執筆時間が短くなります。

初心者のうちは、WEBライティングでもっとも有名な文章の型「PREP法」を使いましょう。

これは、論理的に分かりやすく伝えるための最適な文章執筆法です。

 

PREP法

  1. 結論(Point):結論、要点を述べる
  2. 理由(Reason):結論の理由を説明する
  3. 事例、具体例(Example):理由の具体例を挙げる
  4. 結論(Point):再度結論を述べる

 

PREP法の具体例

  1. 結論(Point):ブログ初心者はPREP法での記事執筆がおすすめです。
  2. 理由(Reason):PREP法なら、誰でも簡単に論理的な文章が書けるからです。
  3. 具体例1(Example):要点を分かりやすく読者に伝え、主張に説得力を与えることができます。
  4. 具体例2(Example):多くの有名ブロガーもPREP法での記事執筆をおすすめしています。
  5. 結論(Point):ブログ初心者はぜひPREP法で記事を書いてみましょう。

まとめ:まずは10記事を書くことに専念しよう

まず初心者は、10記事書くことに全集中しましょう。

最低限のキーワード選定と、記事構成だけを守って書くだけでオッケーです。

 

私が初心者の頃にやって良かったのは、始めの段階で10記事分のタイトルを決めてしまうことです。

このように方向性が決まっていると、毎回イチから考える手間が省けて時短にもつながります。

 

10記事は一見すると簡単そうに思えますが、そこに到達せず挫折するブロガーは少なくありません。

ですので、10記事書ければ頭ひとつ抜けられますよ。

 

もし途中で「書くのがしんどい」「このままで大丈夫?」と不安になったら、本を読むのもオススメです。

 

こちらは、ブログ初心者に人気ナンバーワンの有名書籍です。

実は私も、初心者時代に何度もこの本に助けられました。

読み終わると、不思議と「またブログ頑張ろう」という気持ちになれる一冊です。

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5