デザイナーのなり方

【実績ゼロからコンペで稼げ】クラウドワークスでWebデザイナーデビュー

クラウドワークスのWebデザインコンペで稼ぐ方法。実績ゼロからの始め方

こんにちは、Webデザイナーのあおいです!

バナーの作り方をマスターした先にあるのが「実際に作って稼ぐこと」です。

日本最大級のオンラインお仕事サービス「クラウドワークス」やスキルマーケット「ココナラ」などで勝負できます。

 

特におすすめなのが、実績ゼロの初心者から参加できる「クラウドワークスのコンペ」。

私も仕事に余力がある時は利用して、副収入を得ています。

2020年12月の採用作品の一部(手数料が引かれた額)

 

ということで今回は、「クラウドワークスのコンペで稼ぐ方法」を解説します。

クラウドワークスのコンペ形式とは?

クラウドワークスは、オンラインでお仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐサービスのことです。

仕事形式は4つあります。

  1. プロジェクト形式(固定報酬)
  2. プロジェクト形式(時間単価)
  3. コンペ形式
  4. タスク形式

 

それぞれの違い

  • プロジェクト形式:最初から仕事を依頼する人を決めて契約する
  • コンペ形式:募集内容に沿って複数の人が提案をし、採用された人だけに報酬が支払われる
  • タスク形式:依頼者と受注者が選定や交渉することなく、直接作業をやって納品をする

 

Webデザイン初心者は「コンペ形式」で実績を作ることから始めるのオススメです。

というのも、実績ゼロの人が「私に依頼してください」とプロジェクト形式に応募しても、なかなか採用されないから。

タスク形式の仕事はWebデザインの案件にはありません。

クラウドワークスのコンペの始め方

仕事探し〜納品までの流れを順に見ていきます。

6つのステップ

  • ステップ1:クラウドワークスに登録
  • ステップ2:基本事項とプロフィールの入力
  • ステップ3:仕事を探す
  • ステップ4:作品を提案する
  • ステップ5:結果を待つ
  • ステップ6:採用なら納品

 

ステップ1:クラウドワークスに登録

クラウドワークスに登録します。

CrowdWorks(クラウドワークス)

登録の流れ

  • 無料で利用を開始する」をクリック
  • メールアドレスを入力し送信(SNSのアカウントでも登録可能)
  • 登録したアドレスにメールが届く
  • メールのURLから本登録のリンクへ
  • 個人情報を登録して完了

 

スマホアプリを利用して登録やプロフィール編集をおこなうこともできます。

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク

クラウドワークス無料posted withアプリーチ

 

ステップ2:基本事項とプロフィールの入力

お仕事を探す前に「自分のプロフィール」を充実させましょう。

全てを入力する必要はありませんが、最低限以下の3つは済ませておいた方が良いですよ。

  1. 基本情報編集
  2. 本人確認書類提出
  3. ワーカー情報編集

 

クラウドワークスにログイン後「プロフィール編集」にておこないます。

 

本人確認書類は「安心して仕事が依頼できるワーカー」であることの一つの指標となります。

運転免許証や保険証などの写メを送るだけなので、手間はかかりません。

 

自己PRについて

ワーカー基本情報の「自己PR」は、誰かがあなたのプロフィールのぞいた時に最初に目に付く項目です。

必要なら以下の書き方サンプルを、自分用に書き換えて使ってください。

【自己PR】

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
Webデザイナーの○○と申します。

バナー・ヘッダー・アイキャッチなどのWEB画像全般の制作を承っております。
仕事をする上ではリピートしていただける丁寧な対応を心がけていますので、安心してご依頼ください。

【経歴】
・飲食関連企業営業職5年
・2019年〇〇Webデザインスクール卒業
・2020年〜フリーランスとして活動

【使用ツール】
・Photoshop
・Illustrator

【稼働時間】
一日の作業時間は最大3時間(週5日)

【強み】
綺麗なデザインだけではなく「成果につながる」デザインを心がけています。

質問などがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

ステップ3:仕事を探す

では次に、案件探しに入ります。

画面上部の「仕事を探す」をクリック。

 

検索窓に「バナー」と入力して検索します。

 

するとバナー関連の仕事が一覧で表示されるので、その中から「コンペ」に絞りましょう。

報酬額の上にピンク枠で「コンペ」と表記がある案件です。

応募締め切りが近いもの(あと1〜3日など)から選ぶといいと思います。

ステップ4:作品を提案する

受けたい案件があればクリックして「仕事の詳細」を確認します。

ここをチェック

  • 画像サイズ
  • 納品ファイルの形式(Photoshopなら「.psd」)
  • 応募期限
  • その他注意事項

 

仕事の詳細は必ず、上から下までじっくり読みましょう。

「色味は〇〇で」「〇〇の文字を入れてください」など条件を見落さないように。

そして依頼内容に沿って作品を作ります。

 

バナー制作は、こちらも参考に

【バナーの作り方】初心者向けにPhotoshopでの制作手順を1から解説
【バナーの作り方】初心者向けにPhotoshopでの制作手順を1から解説

こんにちは、Webデザイナーのあおいです! Photoshopなど画像編集ソフトの使い方を覚えた先にあるのが「バナー制作」ですね。 このスキルが身につけば、オンラインでお仕事を探して稼ぐこともできます ...

続きを見る

クラウドソーシングで採用されるバナーの作り方と採用されない理由
【採用されない理由も】クラウドソーシングで採用されるバナーの作り方

クラウドソーシングで自分の作品が採用されない... 求められるバナーが何なのか分からない... このような悩みをもっていませんか?   せっかくバナーを作れるようになったのに、不採用が続くと ...

続きを見る

 

無事作り終えたら「提案画面へ」から提案をします。

 

ファイルを選択」をクリックし作品を添付します。

納品ファイルが「Photoshop形式(.psd)」の案件であっても、提案時には「画像(.jpgか.png)」で提出です。

メッセージには「どんなことを意識して制作したのか?」を一言添えておくといいですよ。

 

ステップ5:結果を待つ

提案は一つに限らず、複数の作品を提案できます。

余裕があれば2〜3個提案した方が、採用される確率もグッと上がりますよ。

 

さて、結果はメールで届きます。

結果が不採用なら、その時点で該当の案件は終了です。

 

結果通知メールの中に「採用された作品を確認する」リンクがあるので、必ず確認しておきましょう。

  • なぜ自分は採用されなかったのか?
  • 採用された作品は、なぜ採用されたのか?

これらを振り返ることは成長につながります。

 

ステップ6:採用なら納品

結果が採用の場合はメールと同時に、クラウドワークス上でもお知らせが届きます。

採用後の流れ

  • 採用決定後に修正依頼などがあれば、修正して再度確認してもらう
  • 「納品ボタン」から納品を終えたら発注者に確認(検収)してもらう
  • 問題なければ、報酬が支払われて作業完了
  • 最後に発注者の「評価入力(5段階評価+コメント)」をして終わり

 

納品の流れ

仕事の受注形式(コンペ)

Webデザイン初心者がコンペに挑戦すべき理由

コンペ常連の私が思う「初心者がコンペに挑戦すべき理由」を解説します。

3つの理由

  1. 実践を積む練習にはもってこい
  2. 落とされても精神的なダメージがない
  3. いいデザインを勉強できて一石二鳥

 

理由1:実践を積む練習にはもってこい

単に自分でバナー作りを練習して終わりでは、レベルアップに限界があります。

さらに自分だけで完結すると、デザインがどんどん独善的にもなっていきます。

そこで大切なのが「誰かの評価を受けること」です。

作品が採用される・落とされる経験を通じて、積極的に気づきを得ていきましょう。

 

理由2:落とされても精神的なダメージがない

  • 作った作品に満足してもらえなかったらどうしよう
  • 自信がないのに仕事を受けて大丈夫かな

初心者の中にはこういった不安を抱えている方もいるはずですね。

 

しかしそんな不安は、まったく必要ありません。

あなたの作ったものが選ばれなければ、ただ不採用通知が来て終わりだからです。

誰かに文句を言われたり、ダメ出しをされたりすることはありません。

肩の力を抜いて、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

理由3:いいデザインを勉強できて一石二鳥

1案件につき5人以上は応募者がいるのが一般的です。

他の応募者が作った作品と自分のものを見比べて、参考にできる要素を学ぶことが大切です。

結果を待つで述べたように「採用された作品」も見ることができます。

採用されてもされなくても学びある、これがコンペの最大のメリットだと言えます。

 

まとめ:コンペは実力を上げるには最高の場所

初心者のあるあるに「何十個作っても採用されない」という現実があります。

私はコンペを初めた2018年当初、実は25個目で初めて採用されました。

中には「20個以上もタダ働きで作って報酬ゼロは、コスパ悪すぎるからやめた方がいい」と考える方もいるでしょう。

 

しかし、私はまったくそう思いません。

その理由は前述したように「コンペを通じて多くの学びがあるから」です。

  • なぜ私の作品は採用されなかったのか?
  • 採用された作品はなぜ採用されたのか?
  • 依頼者はどんなデザインを求めていたのか?

 

これを何度も繰り返して、自分の腕を磨いてきました。

なのでWebデザイナー初心者は、ぜひ一度チャレンジしてみましょう。

仮に30個作って一個も採用されないなら、採用されるまで40個、50個と作っていけばいいだけ。

その精神論はけっこう大切です。

ただし闇雲に作るのではなく、毎回のコンペを振り返りレベルをあげていくことも忘れないようにしましょうね。



© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5