デザインノウハウ

【極秘】見たくなる魅力的なサムネを作る8つの重要ポイント

極秘。見たくなる魅力的なサムネを作るための重要なポイント8つ

こんにちは、Webデザイナーのあおいです。

本記事では「見たくなるサムネを作る8つのポイント」を解説します。

こんな悩みを持つ方にぴったり

  • とにかくクリック率を上げたい
  • クリック率が悪いサムネの問題点を知りたい
  • サムネ作りが上手くなりたい

 

 

私は普段デザイナーとして、サムネを大量に作っています。

非デザイナーでも簡単に高品質なサムネが作れるテンプレの販売もしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

 

 

本記事の最後には、あるオマケをつけています。

それが『マーケティング面での話』です!興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

オマケ

  • どうしたら再生数が伸びて、登録者が増えるのか?
  • 登録者数が少なくても、利益をあげるやり方
  • バックエンド商品を売るコツ

ポイント1:伝えたいことは一つに

一瞬で見て、何の動画かわかることが大切です。

 

というのも視聴者は、大量の動画をスクロールする中で、パッと自分の目を引いた動画をクリックするからです。

ですので、以下のような動画はスルーされてしまう可能性が高いです。

  • 文字を集中して読まないと理解できない長いテキスト
  • どれがメインの話なのかわからないごちゃごちゃしたテキスト

 

あくまで目安ですが、テキストは多くても20文字以内にしたほうがいいでしょう。

長くなる場合は文字の大小や色で強弱をつけて「一体どこが注目ポイントなのか?」がわかるようにしましょう。

ポイント2:ターゲットに刺さる内容

核心的な話になるのですが、結局は私たちは「自分が知りたいことの動画なら、サムネがどんなにダサくてもクリックする」といえます。

 

例えば私は一時期、あるサロン経営者のYouTubeチャンネルのコンサルをやっていました。

初めの頃は、以下のような内容の動画を積極的に投稿していました。

  • サロンで取り入れている施術の種類
  • 女性が綺麗になるために役立つ美容書籍
  • お家でできる小顔マッサージ

 

しかし半年ほど経ってもイマイチ再生数が伸びず..。

原因を分析してみると、上記の内容はあくまで「彼女が発信したい内容であって、視聴者が知りたい内容とは少し違う」と分かりました。

そこでテスト的に、以下のようなテーマで動画を投稿してみました。

  • 当サロンと、他サロンの徹底的な違い
  • 美容サロンの相場は?ウチはぼったくり?
  • サロン一回で、本当に足やせ効果はあるの?

 

するとびっくり、再生数が2倍以上に伸びたのです。

こんな内容もいいと思います。

  • 普段なかなか言いづらい、聞きづらい話
  • ぶっちゃけ話
  • ネガティブな話、デメリットなど

 

つまり大事なのは、自分のチャンネルのターゲット層が、本当に知りたいことは何なのか?を調査し、そこから逆算した動画を作ることです。

そして動画を作ったら、一番核心となる部分を切り取ってサムネのタイトルにしましょう。

ポイント3:テキストの基本

当たり前とも言えますが、テキストは『大きく、見やすく、読みやすく』が基本です。

何でもデカくすればいいという訳ではないですが、以下3点は要注意。

  • 薄い(背景とかぶっている)
  • 英語多用(かっこいいけど、意味が理解できないとスルー率上がる)
  • 凝りすぎている(フォントが独特で読みづらい)

ポイント4:ターゲット層に刺さるデザイン

パッと見た瞬間の『サムネが与える印象(雰囲気)』というのも、クリック率に関わってきます。

というのも、人は基本怠け者で頭で考えることが嫌いなので、雰囲気でパッと認識できるものに注意が向く特性があるからです。

 

例えばこちら↓

いうまでもなく、一瞬で「Youtube感」が出ています。

色やフォントが与える印象を、テキストの内容にマッチさせるということです。

 

例2↓

こちらはスピリチュアル感を意識して作りました。

 

そういっても難しく考えすぎず、以下ように意識するだけでサムネのレベルがグッと上がるはずですよ。

  • Twitterに関する動画なら、水色基調にする
  • 恋愛に関する動画なら、ピンクや赤を使う
  • 子供の動画なら、丸っこい文字や黄色オレンジを使う

ポイント5:実物写真を使用する

写真が入っているサムネと無いものを比べた時、前者の方がクリック率が高い傾向にあります。

できれば自分の写真を用意できるのがベストですね。

もしくは親やみすいイラストを登場させる方法もいいかと思います。

 

あるYouTuberは顔出しせずに、自分に見立てたイラストを動画とサムネに登場させています。

イラストレーターさんに「笑っている、悲しんでいる、怒っている」と複数パターンのイラストを描いてもらい、動画に合わせて使いまわします。

イラストはネットの商用無料イラストを使うよりも、「ここなら」などで自分専用のものを作ってもらうと便利です!

ここならを覗いてみる

 

ちなみに私も以前、ここならでイラストを作ってもらいました。

可愛くて気に入っています。


ポイント6:真面目すぎるのはNG

真面目すぎる動画はファンがつきにくい傾向があると感じます。

ノウハウ紹介やビジネス系のチャンネルが特にそうです。

それは「親近感を持ちにくい」「内容が役には立つけど、それ以上でもそれ以下でもない」といった理由からです。

 

そんな中でも「やり方がうまいな!」と私が感じるのが、ビジネス系ユーチューバーの「まこなり社長」。

彼はプログラミングスクールを運営する会社の社長ですが、普段の動画の雰囲気から判断すると「怖い、ストイック、近寄り難い」といったイメージがあります。

 

しかしその一方で以下のようなテーマの動画もあり、それをみるとすごく親近感が湧くんですよね。

  • 結婚式は行くな!という持論を展開
  • 変なお菓子の紹介
  • 変顔全開のサムネ

 

彼のように、ジャンルによっては硬くなりすぎないよう創意工夫を入れるといいと思います。

  • たまに視聴者を楽しませる
  • 意外な自分の素顔が分かる動画を作る
  • 思い切って賛否両論が出そうなテーマで動画を作る

 

 

すみません、これはサムネと関係のない話でした。(後から気づきました)

ポイント7:言葉の魔力を使え

「コピーライティング」の話になりますが、言葉の魔力を使う方法もあります。

思わずクリックしてしまいそうな言葉を、日頃からストックしておくのがいいですね。

例えばこのようなもの↓

  • 今やるべき〇〇
  • 20代のうちにやっておくべき〇〇
  • 知らなきゃ損する〇〇
  • 絶対〇〇!
  • 禁断の〇〇!
  • 〇〇は危険(リスク)!
  • もう古い!
  • まだ〇〇やってないの?
  • 〇〇する人の末路
  • 〇〇する人の悪い習慣
  • 間違いだらけの〇〇
  • 〇〇は間違いです!
  • 日本人のたった5%しか知らない〇〇
  • やばい〇〇
  • 稼ぐ、儲かる、ボロ儲け
  • 知らなきゃ損する〇〇

もちろん煽りすぎるのは良くないですが、多くの人がクリックしてしまうのは事実ですね。

 

テンプレに入っているテキストも参考にできると思います↓

ポイント8:ライバルを見て、差をつける

2019年あたりから流行ったビジネス系YouTuberが顕著ですが、同じようなテーマの動画がいっぱい出るようになりました。

例えば私が一時期YouTubeで大量に見かけたのが、「関わってはいけない人」という動画です。

 

こんな感じ↓

 

テーマが被ってももちろん問題ないのですが、「埋もれない」ということが大事です。

そのために大切なのが、ライバルとの差別化です。

  • ちょっと違う視点からテーマに切り込む
  • デザイン(色味や雰囲気)を他と差別化
  • ポイント7で紹介したような言葉の魔力をテキストに使う

 

上記のテーマであれば、単に「関わってはいけない人」じゃなく、ターゲットを絞り込むことで各層に響く内容にできます。

  • 女子高生必見!こんなクラスメイトとは関わってはいけない
  • サラリーマン必見!こんな客とは関わってはいけない

【マル秘】クオリティの高いサムネを作るのは実は超簡単

こちらから↓

【再生数UP】YouTube動画サムネイルの作り方と利益を上げるやり方

こんにちは、Webデザイナーのあおいです! 本記事では「YouTubneなどの動画につけるサムネイル画像の作り方」を解説します。 こんな方にピッタリ デザインセンスないけど、かっこいいサムネ作りたい ...

続きを見る

 

YouTubeをいかに自分のビジネスで活かすか

ここからはサムネの作り方を超えて、YouTubeビジネスに役立つお話を少しだけしていきます。

3つのポイント

  • どうしたら再生数が伸びて、登録者が増えるのか?
  • 登録者数が少なくても、利益をあげるやり方
  • バックエンド商品を売るコツ

 

私自身はYouTuberではないですが、サムネ制作を通じて過去に多くのYouTuberさんとお仕事をしてきました。

  • クリック率や再生数が伸びるサムネ
  • どんな動画が求められているのか
  • いかにして自分の商品をYouTubeで売るか

などについて勉強させてもらいました。

そこで知ったことをシェアしたいと思います。

 

ただしここでのお話は、エンタメや娯楽としての動画を作っている方向けではありません。

自社や個人で扱う商品があった上で、その宣伝、集客、販売のためにYouTubeを活用している方向けのお話になります。

その1:サムネは本質じゃない

サムネの作り方を解説しておいて「何を言ってるんだ?!」と思うかもしれませんが、サムネは動画制作において重要なものではないです。

編集スキルも同様に、重要なものではないです。

それより重要なのは『何を話すか、何を伝えるか』という動画の中身です。

 

サムネはもちろん、クリック率にダイレクトに関わります。サムネを工夫すれば、いくらでも視聴者を「釣る」ことができて再生数も伸びます。

しかしそれをやってもファンが増えないのです。

  • サムネ詐欺
  • サムネだけでつまんない動画

と言われたら、嫌じゃないですか?

ですのでサムネ作りはほどほどにして、動画の内容の方に全力を注ぐのが本質かと思います。

 

ファンを作る上で重要な考え方の一つは、相手の役に立つ情報だけを伝えるのではなく「この人の話がもっと聞きたい」と思ってもらえる内容を盛り込むことです。

というのも世の中情報で溢れているわけですから、ポチッと検索すれば必要な情報はほぼ全て無料で調べることができるからです。

 

ですので、ネット検索すれば解決する情報だけの動画を作っても魅力的とは言えません。

大事なのは、これ↓

  • 情報をいかに魅力的に加工するか
  • 興味を持ってもらえる工夫
  • 自分にしか提供できない付加価値をつける

その2:もっとも大事なのは価値提供

YouTubeで動画を作っていると、

  • いまいち再生数が伸びない、このままで大丈夫かな?
  • あの人の意見が重要そう!でも、この本に書いてあることも取り入れないと....?

と不安になったり、情報迷子になったりすることがあるかと思います。

 

そんな時は、本質に戻った方がいいと思います。私も迷った時はいつもそうしています。

それは「ビジネスの本質は価値提供」ということです。要するに『必要な人に必要な情報を与える』ということですね。

これに立ち返って、シンプルに考えてみましょう!

その3:登録者数が少なくても利益を上げる方法

YouTubeをビジネスでやろうと思った時、とにかく再生数と登録者数を伸ばそうと必死になる人がいます。

これはYouTubeが主戦場で、動画に入る広告収入で稼ぐのが目的ならいいと思います。

 

しかし、YouTubeを使う目的が「自社商品の宣伝、集客、販売ページへ導く一つのルート」なのであれば、再生数と登録者数にこだわりすぎるのは本末転倒です。

 

例えば私の知り合いのあるサロン経営者で、登録者数500人のチャンネルから年1000万円の売上につながった例があります。

登録者数500人を達成するのは決して簡単ではないですが、100万人のチャンネルに比べたら少なすぎて話にならない数字です。

しかし、きちんと利益につながっています。

 

ですので大事なのは、再生数や登録者数ではなく『コアなファンを作ること、販売への導線を確保すること』だといえます。

そのためにできることは、例えば以下があります。

  • プレゼント企画
  • チャンネル登録者参加型の企画
  • 概要欄のリンクや商品ページへのスムーズな誘導など...

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。

実はあと3つほどお伝えしたいことがあります。

  • YouTubeで集客した後に自社商品を売る流れ
  • 商品が売れてるチャンネルとは?
  • 再生数が伸びないチャンネルの特徴

 

ただこちらは、サムネテンプレート購入特典としてプレゼントしている「限定公開記事」の中でお伝えしています。

これまでの話が少しでもタメになったなと感じる方だけにお届けしたいと思っています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【サムネテンプレート販売について】

さまざまなジャンルのサムネテンプレートを販売しています。

こんな方にピッタリ

  • デザインセンスがないけど、自分でサムネ作りたい
  • サムネ作りに時間を取らたくない
  • 外注したくない、サクッとかっこいいサムネ作りたい

ぜひ詳細を上記リンクからご確認ください。

© 2021 デザインノウハウ倉庫 Powered by AFFINGER5